2020.08.16ブログ

ベランダ、バルコニー、テラスの違い知っていますか!

こんにちは遠藤商会の遠藤です。

毎日暑い日が続いていますね。

今年の夏は、新型コロナウイルスと熱中症のダブルパンチで、大変な夏休みになってしまいましたね。

故郷に帰省することもできずに、自宅で自粛されている方も多いかと思います。

 

さて今回は、ベランダとバルコニー、テラスの違いについて説明させて頂きます。

知っているようで意外と知らない方が多いみたいです。

 

ベランダとバルコニーとテラスの違い!

ベランダとは、建物の外面に張り出した縁で、庇のあるもの。庇とは、ひさし、庇う(かばう)、助けまもる、おおう、などの意味です。

本来、ベランダは階数には関係なく、奥行や広さにもよりますが、屋根があるため、雨の日でも洗濯物を干すことが出来ます。

 

ベランダとバルコニーの違いは、屋根があるか、無いかですが、一階の屋根のついているスペースは「ベランダ」といゆう言い方が正しいのですが、日本では「ベランダ」と呼ぶ場合と「テラス」と呼ぶ場合があるようです。

 

サンルームとテラスの違い!

サンルームとテラスの違いは、サンルームとは、光を多く取り入れるために壁や天井をガラス張りにした部屋です。

構造上もしっかりしており、雨風にも耐えられる造りになっています。

 

テラスは外に突き出した台上のスペースです。その上に屋根を付けたり囲いをして、簡易的なサンルームもありますが、構造が弱く雨風もしっかり防ぐことはできません。

 

ベランダ、バルコニー、テラスの違いのまとめ

ベランダ=室外に張り出したスペースで屋根のあるもの。

バルコニー=室外に張り出したスペースで屋根のないもの。または、上の階の床が庇に(ひさし)なっているもの。

テラス=一階の部分に建物から突き出した台上のスペースです。

 

みんな同じような物だと思いますが、実は結構違うものなんですね。

参考になればうれしいです。

以上、ベランダ、バルコニー、テラスの違いでした。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

*新型コロナウイルスと熱中症に気を付けてくださいね。

 

 

 
お問い合わせ