2020.06.14ブログ

無垢の木と漆喰壁で建てられた大きな戸建ての家のハウスクリーニング

こんにちは遠藤商会の遠藤です。

前回の投稿から随分と日にちが経ってしまいました。

今回は、二日目で一階部分の清掃になります。

相模原でハウスクリーニングの遠藤商会が、無垢の木と漆喰壁で建てられた大きな戸建ての家のハウスクリーニングをしました。

水回りの清掃

二階の清掃は終わりました。今日は、一階のふき取り掃除から、サッシ周りと、作業をするのですが、内容は、前回と同じなので省略させて頂きます。

浴室の清掃から入ります。取り外せる部品は、前日に洗剤につけ置きをしてあるので、浴室内の除菌をします。黒いカビがたくさんついています。噴霧器を使いカビ取り用の洗剤をまんべんなく、浴室内に散布して、一時間くらい放置しておきます。

その間に、洗面所の清掃をします。キャビネットを洗剤できれいに拭き上げ、洗面ボウルを重曹で磨きますと光沢が出て来ます。次に、トイレの清掃に入ります。

トイレの清掃で大事なところは、便器の淵周りのしゃくれたところです。上からは見えませんので、便器を覗き込むようにしてみると汚れがよく見えて来ます。結構な汚れです。それから、便器と便座の取り付け部分です。ウオシュレットの便座はボタン一つで簡単に取り外すことが出来ます。この部分のお掃除をする人は、以外と少なく、すごいことになっていると思います。

それから、洗浄用のノズルもたまにはお掃除をすることで清潔感が得られると思います。水タンクの中のカビ取り清掃も大事だと思います。このタンクの中の掃除をする人は、ほとんどいませんね。上から水が出るタイプ手を洗うことのできる物のタンクの中は、だいだいカビが有ります。目に見えないので気が付きませんね。

そんなことを、しているうちに一時間が経ちました。浴室のドアを開けると、黒いカビが消えています。水で洗い流してみるとかなりきれいになっています。あとは、水垢と石鹼カスを落とせば終わりです。

キッチンに入ります。つけ置きをしておいた部品の洗浄をします。長い時間つけ置きをしておいたので、簡単に落とすことが出来ました。フードの中の油汚れを取り、コンロの油汚れを取り除き、比較的、油汚れが軽度だったので早く進みました。

シンクの周りと調理台の部分には、重曹を塗り込みこすると簡単に水垢が取れました。

洗浄した部品をもとの位置に取り付け、作動確認をします。残りは床だけです。

キッチンの床には、油が飛び跳ねており洗浄しなければいけません。セスキ炭酸ソーダを床に塗り込み10分位放置した後、油は白く浮き上がり、それを拭き取って見ると、一段ときれいになり、他の床と差がついてしまいました。

この後、全体的に、掃除機を掛けて水拭きをして乾いたタオルで拭き取ってワックスを掛け全ての工程が終了しました。

*この無垢の木と漆喰壁で建てられた家のハウスクリーニングは、現代風の家に比べてみると、とてもやりやすいと感じました。こんな家に住みたいと実感しました。

以上、無垢の木と漆喰壁で建てられた大きな戸建ての家のハウスクリーニングをしましたでした。

皆さん、新型コロナウイルスには十分気を付けてくださいね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
お問い合わせ